Top 5 benefits of hidden security cameras for small businesses

Door Kokamera gepubliceerd op Tuesday 07 April 15:42

中小企業のための隠された防犯カメラのトップ5の利点

隠し防犯カメラを店に置くことを検討していますが、それが正しいかどうかわかりませんか?小型スパイカメラのビジネス上の利点を理解するために読み続けてください。

隠された監視カメラ
非表示の防犯カメラは物議を醸すトピックですが、これは中小企業にとっての利点を不明瞭にしないはずです。

多くの場合、プライバシーの問題により、ビジネスオーナーは隠しスパイカメラ メガネを使用できません。法的および道徳的な問題が多く、それらの使用が不必要または賢明ではありません。

ビジネスで隠しカメラを使用する方法には、正しい方法と間違った方法があります。法律や規制を順守している限り、これらのカメラのメリットと安心を享受できます。

企業で隠しセキュリティを使用する最大の利点を見てみましょう。

1.外部および内部の盗難を防止する
盗難により、顧客や従業員のビジネスに多大な経済的損失が生じています。製品を販売している場合でも、オフィスで提供している場合でも、盗まれたすべてのアイテムは利益を失います。

内部での盗難だけでも、企業には毎年500億ドルの費用がかかります。他の報告では、毎年の盗難により少なくとも3%の収入が失われていると推定しています。

コストが加算されます。隠された監視隠しカメラは潜在的な泥棒に彼らがカメラにいることを知らせることができ、これはコストの一部を回復するのに役立ちます。

2.顧客サービスの強化
クライアントがサービスを欠いていると主張する場合、原因を特定するのに役立つ証拠がビデオにあります。

場合によっては、従業員が状況を正しく処理できないことがあります。ビデオ監視はトレーニングの機会を提供し、ギャップを埋める場所を知るのに役立ちます。

また、会社の文化に適さない可能性のある従業員を特定するのにも役立ちます。顧客との対話ごとに、他の人があなたの会社をどのように見ているかについての手がかりが得られます。この証拠を使用して、すべての顧客体験がポジティブな体験であることを確認します。

1-560x560.jpg

3.労働者の生産性を向上させる
監視腕時計型カメラされていることを知っている労働者は、通常、より勤勉です。

また、管理者に監視を減らし、他のタスクに時間を集中させる機会も提供します。

4.ビジネスを保護する
どのようなビジネスでも、非難の対象になる可能性があります。一部の虚偽の主張は、他の主張よりも深刻な場合があります。セクハラの苦情であれ、職場での暴力であれ、動画は記録を取るのに役立ちます。

重要なのは、資料をアーカイブする信頼できる方法を用意することです。多くの企業では、監視ビデオを数か月間保存してから破棄しています。数か月または数年の利用可能な資料を使用して、会社により高いレベルの保護を提供できます。

5.商業保険を減らす
多くの保険会社は、監視カメラを使用する会社に割引を提供しています。これにより、盗難、破壊、または破壊された場合の潜在的な損失を補う可能性が高まります。また、保険会社が負担する可能性のあるコストも削減されるため、保険会社に対する責任が軽減されます。

非表示の防犯カメラは企業にとって不可欠です
顧客対応の従業員、現金処理、またはリスクの高い企業を抱える企業は、隠れた防犯ペン型カメラを利用できます。利点は無視するのが難しく、利益は有望です。

Reacties (0) 

Voordat je kunt reageren moet je aangemeld zijn. Login of maak een gratis account aan.